2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 進め大槌高吹奏楽部 専大北上高が訪問 被災者へ一緒に演奏 | トップページ | おでかけ前やアフター5に… »

2011年5月13日 (金)

大学NOW:差別化策と生き残り策で二極化−−「大学通信」の安田賢治常務の話


 ◇高等教育の情報に詳しい「大学通信」の安田賢治常務の話

 学部新設の傾向は二極化している。有名大学の場合は、他にない学部を新設することで優秀な学生を確保するのが狙い。法学部などはどこの大学にもあり、すでに序列ができている。そこで新たな発想の学部をつくって差別化を図った。明治大の国際日本学部や関西大の社会安全学部などが典型例だ。一方、知名度がない大学の場合は看護・医療系一辺倒。不況でも看護師は不足しており、受験生の人気も高い。18歳人口が減少する中、生き残りをかけて看護・医療系の学部を増やす流れはしばらく続くだろう。

« 進め大槌高吹奏楽部 専大北上高が訪問 被災者へ一緒に演奏 | トップページ | おでかけ前やアフター5に… »

コメント

日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 進め大槌高吹奏楽部 専大北上高が訪問 被災者へ一緒に演奏 | トップページ | おでかけ前やアフター5に… »