2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 私大の4割、定員割れ 11年度、充足率は過去最低 | トップページ | 国際化推進で関西の4大学協定 大阪大、神戸大など »

2011年8月 5日 (金)

高校無償化:朝鮮学校生、9月にも国提訴へ 「適用外は違法」


 文部科学省が朝鮮学校に高校の授業料無償化制度を適用せずに教育を受ける権利や平等権が侵害されたなどとして、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の生徒10人が国家賠償請求訴訟を東京地裁に起こす準備を進めていることが29日分かった。適用審査の停止が続けば9月にも提訴する。他にも複数の朝鮮学校で同様の動きがあり、司法の場で適用の是非が争われる公算が大きくなった。

 東京朝鮮中高級学校によると、訴訟に発展した場合、無償化制度が始まった昨年度から今年度に引き続き在学する高級部の2〜3年生(約300人)を代表する形で原告の生徒10人が参加する。無償化に見合う支援金は生徒1人当たり年間11万8800円が原則だが、訴訟では適用への正当性を問うことを主眼に置くため、賠償額は1人当たり1万円程度にとどめる方向で調整している。

 朝鮮学校への適用審査は、北朝鮮による韓国砲撃を受けて昨年11月に停止され、東日本大震災もあって文科省の事務手続きが進んでいない。同校は「訴訟よりも審査を再開して日本の良心を見せていただくのが望ましい」としており、29日も全国の朝鮮学校関係者が文科省を訪ね審査再開と適用を要望した。

 審査再開の条件について鈴木寛副文科相は「北朝鮮による砲撃以前の状況に戻ったと総合的に判断できるかどうかという方針に基づいて判断していく」との姿勢だが、北朝鮮を巡る情勢が好転する兆しは見えていない。

« 私大の4割、定員割れ 11年度、充足率は過去最低 | トップページ | 国際化推進で関西の4大学協定 大阪大、神戸大など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私大の4割、定員割れ 11年度、充足率は過去最低 | トップページ | 国際化推進で関西の4大学協定 大阪大、神戸大など »