2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月21日 (水)

分散の生徒、不安な春 福島の高校「サテライト」を集約 「転居」「寄宿舎」新たな負担


 東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故で、警戒・計画的避難区域内にある福島県立高の生徒や家族が新年度を前に追い詰められている。今年度は10高校が計23カ所の「サテライト校」に分散したが県教委は4月から基本的に各校1カ所にまとめる方針。集約先への家族での転居は経済的な負担が大きく、通学困難者のための「寄宿舎」にも不安が募る。今春入試での志願者が激減する中、保護者の間では将来の学校存続を危ぶむ声が出ている。【樋口岳大、福田隆】

 県教委によると、10校のサテライト校では今年度、約2000人が学ぶ。だが、まとまって行事ができない▽教室不足による学習制限−−などの問題があり、県教委は昨年9月に集約方針をまとめ、在校生には他校への転校や、集約先近くの借り上げ「寄宿舎」に入居する方法を示した。

 福島第1原発から約5キロにある双葉翔陽高(大熊町)は、県内4カ所のサテライト校に分散。同校1年の栃本翔太君(16)は、父正さん(60)らとともに大熊町から会津若松市に避難し、坂下高校(会津坂下町)に間借りしたサテライト校に通う。学校は新年度、避難先から約100キロ離れたいわき市内の大学施設に集約される。

 寄宿舎には家族では入居できず、正さんは、いわき市や近隣で家族ごと仮設住宅の入居ができないか学校に相談した。翔太君は自閉症を抱えており、両親と離れて生活するのが難しい。だが、回答は「各自で確保してほしい」。結局、老後の蓄えをはたいて、いわき市内に中古住宅を購入。「行政に頼るのはあきらめた」と疲れをにじませる。

 「寄宿舎」にも不安が強まっている。

 双葉高(双葉町)のPTA(水田計一郎会長)は17日、同校など3校の寄宿舎に予定されているいわき市内のビジネスホテルや旅館の3宿泊施設を見学した。だが、10畳の部屋に4人入居させたり、夜の勉強場所が確保されていない施設もあり、参加した生徒と保護者約40人から、ため息がもれた。

 両校を含む双葉郡内5校(分校1含む)の今春入試の志願倍率は、全体の約3割を募集する1期選抜で0・13〜0・75倍、残りの約7割を募集する2期選抜で0・09〜0・33倍と、前年より大幅に落ち込んだ。今後も志願者増は考えにくく、学校存続すら危うい。

 水田さんは「この方式は12年度だけにして、仮設でいいから校舎と寄宿舎を建ててほしい」と話す。

高校・大学・職場から多彩な響き アンコン出場の福岡勢


 第35回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が20日、津市の三重県文化会館で開かれる。福岡県内からは、高校の部に精華女子高(福岡市)、大学の部に福岡工業大(同)、職場・一般の部にブリヂストン久留米(久留米市)が九州代表として出場する。アンサンブルコンテストは出場するグループによって違う楽器構成で、多彩な演奏が聴けるのが魅力だ。晴れの舞台を目前に控えた3団体を紹介する。(山本義裕)

■打楽器で「3冠」を目指す 精華女子高

 今シーズンの全日本吹奏楽、全日本マーチングの両コンテスト金賞にあわせた「3冠」を、打楽器八重奏で目指す。

 技術ではもっと上の部員もいたが辞退者が多く、手をあげたのは、ほかのコンテストに出たことがない部員を含む8人だった。日増しにうまくなる様子を見て顧問の藤重佳久教諭は「この子たちは奇跡を起こそうとしている」という。

 曲の最後、天使の声を表現するスローテンポでの「ため」あわせが最難関。ティンパニの山路明莉さんは「メンバーを信頼し合い、曲の良さを追求したい」。

■プロ見習い精神面を強化 福岡工業大

 金管楽器のみの八重奏。柴田裕二・音楽監督は「打楽器を入れる団体が最近多いのですが、うちの特徴はパワフルな金管なのであえてこの構成です」。

 通常の練習に加えて居残り練習もし、技術では満を持して選抜されたメンバーだったが県大会では銀賞。「ナイーブな面が多くて本番で緊張してしまった」。プロの演奏家の本を読むなどメンタル面での強化も最近まで取り組んだ。

 ジャズの要素が強く出る最後の部分で、林恵理奈さんのトランペットの高音が続くのが最大の見せ場。林さんは「まず自分が楽しみ、その雰囲気を観客にも伝えたい」。

■飲み仲間同士、息ぴたり ブリジストン久留米

 男性ばかりの吹奏楽団から「いい飲み仲間同士ということで選ばれた」という8人が金管6、打楽器2の八重奏を披露する。

 演奏曲はこのアンサンブルのためにと、やはり「飲み仲間」の熊本県の作曲家が、宇宙をテーマに作ってくれた。各楽器にソロの見せ場があり、緩急のある壮大な曲だ。

 職場がそれぞれ違うのに加え、3交代のため練習時間の確保に苦労するが、トロンボーンの吉良山良和さんは「不思議と息のあった演奏ができている。少人数のため、見せ場で間違えると取り返しがつかないので、本番でも気をつけたい」という。

2012年3月20日 (火)

宮城の中学生と交流…宮崎・赤江東中


 東日本大震災の被災地を応援しようと、宮崎市が招待した宮城県山元町立山下中の1年生計100人が14日、市立赤江東中を訪れ、踊りの披露や縄跳びなどで交流した。

 赤江東中の吹奏楽部が演奏で歓迎。山下中の生徒が震災以降の山元町の様子などをスライドで紹介すると、赤江東中の生徒たちは真剣な表情で見入っていた。

 1年生同士の交流会もあり、山下中の生徒が仙台市の伝統芸能「すずめ踊り」を披露した。両校の生徒が一緒になって長縄跳びにも挑戦し、初めは緊張気味だった生徒らは次第に笑顔を見せたり、歓声を上げたりしていた。

おでかけ前やアフター5に…


ダイヤモンドネイルは朝10:00から営業なので、おでかけ前にも施術できます!

また、閉店が22:00なので夕方にからでもゆっくり予約が可能です!

 詳しくはダイヤモンドネイルのホームページをご覧ください。

北浜 ネイルサロン

朝鮮学校8校が大阪府に補助金交付申請


 大阪府は9日、府内で朝鮮学校の初・中・高級学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」から、初・中級学校8校への平成23年度分補助金約8100万円の交付申請があったと発表した。府では昨年11月に就任した松井一郎知事が支給要件を厳格化し、平成23年度は初級学校1校分(800万円)のみを支給対象としたが、学園側は「要件に対応した」として、府が対象外とした7校を含む8校分を請求した。

 府は今後現地調査を行い、要件が満たされていると確認できれば開会中の2月議会に約7300万円を追加する補正予算案を提案予定。だが、補助金をめぐっては、府議会では厳格な実態調査をするなどとした付帯決議を付けたうえで1校のみの支給が認められた経緯があり、いったん減額修正された予算案の復活修正を認めるかは議論となりそうだ。

 府では、北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と朝鮮学校の結びつきを問題視した橋下徹前知事が補助金の見直しに着手し、日本の学習指導要領に準じた教育をする▽学校の財務内容の公開▽朝鮮総連との関係を清算▽金正日総書記らの肖像画を教室から撤去する−の4要件を提示。肖像画を教室に掲げている高級学校を除く9校への支給を決め、23年度9月補正予算案に計上した。

 だが、松井知事は職員室からも肖像画の撤去を求め、職員室でも肖像画を掲げていなかった1校のみに減額修正。学園側はこれに反発し、予算が可決されたにもかかわらず期限ぎりぎりまで申請しない異常事態が続いていた。

2012年3月15日 (木)

君が代斉唱不起立:大阪府教委、17人を戒告 条例施行後初の処分


 大阪府教委は9日、府立学校の卒業式で、君が代斉唱の際、起立しなかった教職員は同日現在29人に上ると発表した。このうち先月に卒業式があり職務命令に反して起立斉唱しなかったとして教員17人を9日付で懲戒処分(戒告)とした。昨年6月の起立斉唱を義務づける府条例施行後、初めての処分。府立学校の卒業式は今月16日まで続くが、過去、君が代を巡って懲戒処分を受けたのは全6人だけで、前例がない大量処分となる見通し。

 府教委によると、処分を受けたのは先月24〜29日に卒業式があった14校の49〜62歳の男女。同様の理由で懲戒処分を受けたことはなく「思想・信条を理由に起立しなかった」などと話しているという。

 府教委は起立斉唱しない教職員に対して09年度から懲戒処分を開始。懲戒処分は09年度の卒業式で4人、今年度の入学式で2人だけだった(いずれも戒告)。今月の式で起立しなかった教職員の処分は、月末までに行う方針。

 ◇処分の教諭「考え強制恐ろしい」
 今回、処分された女性教諭は9日、毎日新聞の取材に対し「思想良心の自由を主張したことで処分されるのは納得できない。一つの考えを強制して全員を立たせようとするのは恐ろしい」と憤った。「君が代の歌の意味は国民主権を掲げた憲法にそぐわない」との思いから起立斉唱に反対してきた。

 職員基本条例案が制定されれば4月の入学式から「同じ職務命令に3回違反すれば免職の対象」となる。教諭は2回目までは起立しないことを決めているという。

2012年3月14日 (水)

難関挑戦のノウハウに格差 長野の大学受験事情


 松本深志高校(長野県松本市)の同窓会施設に先月28日、同校の教諭十数人と、長野県内各地の高校教諭20人が集まった。同校が主催する「東京大学入試研究会」。ここ数年、各校にも声をかけて開いてきた勉強会だ。

 講師は東京大の受験を専門に手がけた、大手予備校「河合塾」の校舎長経験者。2次試験の科目ごとの合格の目安や、同塾の通学者の1年間の成績の推移など、合格・不合格者の具体的なデータをスクリーンに示しながら、東大への受験対策を指南した。

 講義後は、各校の教員同士、指導法や入試の傾向について情報交換した。

 松本深志の進路担当教諭は「私たちには知り得ないデータ。生徒との面談や、補習授業の際に役立ちます」と狙いを説明する。

 伝統校では難関大学を志す生徒が多い。「合格の可能性が高い大学を勧めても受験しない」「合格した大学に進学しないで浪人してしまう」。教員たちは、現状をそう語る。

 結果、現役進学率は下がりがちになるが、「難関へ行かせざるを得ない。そういう先輩が数多くいて、周囲からも期待されている。使命です」と松本深志の百瀬康雄校長は話す。

 生徒の希望を実現するため、学校として何ができるのか。その際、壁となるのが情報格差だ。予備校などが多く、受験に熱心な学校が多い首都圏とは、どうしても差が出てしまう。その格差を埋めるため、各校は教育産業の持つ情報を活用している。

 長野高校は昨秋、主に3年生向けに「東京大学研究会」を開いた。3年ほど前から始めた取り組みで、松本深志と同様、他校にも案内を出している。

 他校の教員や生徒、保護者も参加した。駿台予備学校(東京)から講師を招き、受験に向けた勉強方法や、合格者の受験までの成績の推移などについての説明を受けた。

 進路指導主事の提坂高広教諭は「都内の高校なら自然に入る情報で、一種の格差があります。受験者を何百人も抱える予備校のノウハウを提供してもらういい機会です」と話す。

 地方ゆえに情報が少ないことで、難関大学への挑戦を尻込みしてしまう生徒もいる。具体的な話を聞くことで不安が解消され、刺激にもなるという。

 「教員や卒業生の講話も含め、様々な機会を捉えて生徒の気持ちを高めたい。予備校も、利用できるものは利用しています」とある教諭はいう。

2012年3月12日 (月)

子ども手当見直し、名称でもめ合意に至らず


 子ども手当に代わる来年度以降の新たな制度を巡り、民主党は8日、自民、公明両党との実務者協議で、新名称を「児童のための手当」とすることを提案した。

 自民党は基本的に同意したが、公明党は自公政権時代の「児童手当」に戻すよう主張し、合意に至らなかった。

 3党は、自民党が求めていた年少扶養控除復活について、「引き続き検討し、所要の措置を講じる」などの文言を法案の付則に盛りこむことで調整している。

 所得が高い世帯への支給制限に関しては、「当面の措置」としたうえで、政府案通り税引き前年収が960万円以上(夫婦と子ども2人の場合)の世帯への支給額を子ども1人あたり月5000円に制限する方向だ。

 3党は、引き続き実務者協議で調整を続ける。

2012年3月11日 (日)

おでかけ前やアフター5に…


ダイヤモンドネイルは朝10:00から営業なので、おでかけ前にも施術できます!

また、閉店が22:00なので夕方にからでもゆっくり予約が可能です!

 詳しくはダイヤモンドネイルのホームページをご覧ください。

北浜 ネイルサロン

都教委「国旗国歌の意義」研修へ


 東京都教委は8日、国旗掲揚や国歌斉唱時の不起立などで懲戒処分を受けた教職員に実施している再発防止研修について、今後は学習指導要領などに基づき、起立することは教育者の責務であることを強調する内容に改めることを決めた。

 従来は、地方公務員法に基づく校長の職務命令に従う義務を確認する内容にとどまっていた。文部科学省は都教委の方針について「全国的にも珍しいのではないか」としている。

 都教委によると、研修内容に「教育における国旗掲揚や国歌斉唱の意義と教育者としての責務」を追加し、学習指導要領で実施指導が明確に位置づけられていることなどを説明するという。

 これまではまとめて7月に研修していたが、今後は懲戒処分後すぐ実施するよう変更。卒業式での懲戒処分者は入学式前に研修し、入学式での再発防止を図る。今月の卒業式で処分者があれば4月5日に研修を行う予定という。都教委によると、昨年の卒業式と入学式での懲戒処分者は7人だった。

2012年3月10日 (土)

大学秋入学:国立大学協会の総会で検討提案−−浜田・東大学長


 東京大の浜田純一学長は7日、自身が会長を務めている国立大学協会の総会で、入学時期や入試の在り方について見直しの検討を始めることを提案した。協会には国立大86校が加盟し、協会内の委員会で大学改革の情報共有を図る。浜田学長は、秋入学について「総合的な教育改革のシンボルという意味を持っている」と理解を求めた。

2012年3月 9日 (金)

全国学力調査、非抽出校の75%が自主参加希望


 全国の小中学校の約3割を抽出して4月17日に実施される全国学力調査で、抽出されなかった公立学校の75%が自主参加を希望していることが、文部科学省のまとめで分かった。21県では全校が希望している。

 調査は小学6年生と中学3年生が対象。全国の国公私立の小中学校3万1863校から30.5%(9715校)を抽出して実施する。文科省は、抽出から外れた学校でも参加希望があれば同じ問題を提供していて、今回は72.9%(1万6152校)が希望した。抽出と希望利用を合わせると、調査を受ける学校は全体の81.2%。前回(2010年度)の73.5%より増えた。

 公立の全校が参加するのは、秋田、茨城、富山、石川、福井、山梨、和歌山、岡山、広島、山口、四国4県、熊本を除く九州6県、沖縄の計21県。一方、利用希望率が低かったのは愛知(15.5%)と神奈川(19.0%)などだった。

生徒に触り、母とも関係持った不適切教師…松山


 松山市立中学の男性教諭(51)が昨年末から今年1月にかけ、教え子の女子生徒の体を触るなどした上、生徒の母親と性的関係を持っていたことがわかった。

 学校は事実関係を同市教委に報告せず、教諭は「病気療養」を理由に休職。市教委は学校の対応に問題があるとして調査を始めた。

 学校などによると、教諭は昨年12月中旬、学校近くで泣いていた生徒に「家に送る」と声をかけて車に乗せ、体を抱くなどし、同下旬〜1月にも2回、進路相談を理由に校外で待ち合わせ、車内で生徒の体を触ったという。母親にも昨年12月から、電話などで「生徒の進路で相談がある」と会うよう求めたとしている。

 生徒は1月、学校に相談。母親も2月、学校に「妊娠した」と伝えたという。学校が教諭に確認したところ、「生徒を慰めようと体に触れた。母親との関係は合意の上だった」と釈明し、退職願を出した上で2月10日から休職。学校は同20日に受理した。

 校長は読売新聞の取材に、「生徒への行為はわいせつとは考えておらず、母親との関係も男女間の問題だが、教諭の行為としては不適切と考えている。ただ、母親から『誰にも言わないでほしい』と言われ、市教委への連絡や警察への通報を控えた」と話している。愛媛県警によると、生徒は2月に警察署へ相談しているという。

[読売ニュース]生徒に触り、母とも関係持った不適切教師…松山


 松山市立中学の男性教諭(51)が昨年末から今年1月にかけ、教え子の女子生徒の体を触るなどした上、生徒の母親と性的関係を持っていたことがわかった。

 学校は事実関係を同市教委に報告せず、教諭は「病気療養」を理由に休職。市教委は学校の対応に問題があるとして調査を始めた。

 学校などによると、教諭は昨年12月中旬、学校近くで泣いていた生徒に「家に送る」と声をかけて車に乗せ、体を抱くなどし、同下旬〜1月にも2回、進路相談を理由に校外で待ち合わせ、車内で生徒の体を触ったという。母親にも昨年12月から、電話などで「生徒の進路で相談がある」と会うよう求めたとしている。

 生徒は1月、学校に相談。母親も2月、学校に「妊娠した」と伝えたという。学校が教諭に確認したところ、「生徒を慰めようと体に触れた。母親との関係は合意の上だった」と釈明し、退職願を出した上で2月10日から休職。学校は同20日に受理した。

 校長は読売新聞の取材に、「生徒への行為はわいせつとは考えておらず、母親との関係も男女間の問題だが、教諭の行為としては不適切と考えている。ただ、母親から『誰にも言わないでほしい』と言われ、市教委への連絡や警察への通報を控えた」と話している。愛媛県警によると、生徒は2月に警察署へ相談しているという。

2012年3月 1日 (木)

上手に活用 言語能力 社会性はぐくむ


 ■TV、DVD見せて大丈夫?

 「テレビは見せない方がよいのでは」「DVDばかり見ているが大丈夫だろうか」。メディアが多様化するなかで、子供にテレビやDVDをはじめとした映像作品をどのように見せればよいか、不安を感じるイクメンも多いのではないだろうか。子供の発達と映像との関係に詳しい筑波大学の徳田克己教授は、「映像を効果的に活用することで、子供の言語能力と社会性が伸びる」と語る。


 徳田教授の研究室では全国での講演や相談会を通し、年1200件の育児についての相談を受けており、中でも映像に関する不安の声が多いという。

 「幼児期に重要なことは、言語の学習です。子供は言葉をモデリング(真似(まね))して覚えていきますが、語彙が多いほど、思考の範囲が広がります。そのとき映像を見せることで、例えば直接は行きにくいピラミッドでも“間接体験”でき、直接体験できない知識を補えます。こうして幼児期に蓄えた直接、間接の経験は将来言葉として表れ、また『経験の貯金』となっていきます」

 さらに言語能力のほか、子供の社会性を伸ばすうえでも映像の視聴は欠かせないという。

 「テレビの知育番組や『ちびまる子ちゃん』のような子供向け番組では、同年代の子供や家族、祖父母が登場します。またディズニー作品は、仲間とともに何かに取り組むという面で優れています。子供はそこでのやりとりをモデルに、誰かの足を踏んだら謝るというような、日常生活での社会性を学べるのです」

 ◆テレビ漬けは×

 バラエティー番組を見せるかも迷うところだが、「子供同士の流行を知る意味で、多少見せたほうがよいでしょう」。これも子供の社会性につながってくる。

 もっとも、ただ画面をつけておけばよいわけではない。「だらだらと『テレビ漬け』にする見せ方はいけません。幼児であれば一日2時間以内を推奨しています。また子供が映像を見終わった後に『どうしてあの子は泣いていたの』といった質問をすることで、考える習慣が身に付きます。考えさせることが重要で、間違った答えをしても指摘してはいけません。仕事を持つパパであれば、朝出掛ける前のニュースも格好の題材になります」

 子供に見せる側としては、どのような視点で作品を選べばよいかも気になる。

 「私たちは『子どもが映像から学ぶことができる内容に関する18項目』を設定しました。食品の5大栄養素のように、その映像作品から学べる要素を分類したものです。数や形の勉強の次は、人間関係を円滑にする視点のある作品を選ぶなど、特定の項目ばかりに偏らないようにするといいですね」

 テレビゲームなどとの付き合い方はどうだろう。

 「友だちとゲームをするとき、普段していない子供は、うまく協調して楽しむことができないことも多いのです。これもやはり時間のルールを決めてさせるのが大切です」

 ◆パパの問いかけを

 最後に、「世界60カ国を訪れましたが、どの国の子供も、手品を見せたり、変な顔をするだけでも喜びます。子供を喜ばせる方法は映像だけではありませんし、映像を使う場合もコミュニケーションを取るのがポイントです。イクメンを自任するパパであれば、できる方は多いでしょう」とイクメンにエールを送った。


 ■映像を評価する指針に

 徳田教授らが提唱する『子どもが映像から学ぶことができる内容に関する18項目』。心理学、教育学、看護学、幼児体育など幼児に関わる複数の専門家によって作成され、知育面で映像を評価する指針となる。


【プロフィル】徳田克己

 とくだ・かつみ 岡山市生まれ。現在、筑波大学医学医療系教授。教育学博士、臨床心理士。専門は子供支援学、子供の教育問題、保育臨床心理学など。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »