2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 子ども手当見直し、名称でもめ合意に至らず | トップページ | 君が代斉唱不起立:大阪府教委、17人を戒告 条例施行後初の処分 »

2012年3月14日 (水)

難関挑戦のノウハウに格差 長野の大学受験事情


 松本深志高校(長野県松本市)の同窓会施設に先月28日、同校の教諭十数人と、長野県内各地の高校教諭20人が集まった。同校が主催する「東京大学入試研究会」。ここ数年、各校にも声をかけて開いてきた勉強会だ。

 講師は東京大の受験を専門に手がけた、大手予備校「河合塾」の校舎長経験者。2次試験の科目ごとの合格の目安や、同塾の通学者の1年間の成績の推移など、合格・不合格者の具体的なデータをスクリーンに示しながら、東大への受験対策を指南した。

 講義後は、各校の教員同士、指導法や入試の傾向について情報交換した。

 松本深志の進路担当教諭は「私たちには知り得ないデータ。生徒との面談や、補習授業の際に役立ちます」と狙いを説明する。

 伝統校では難関大学を志す生徒が多い。「合格の可能性が高い大学を勧めても受験しない」「合格した大学に進学しないで浪人してしまう」。教員たちは、現状をそう語る。

 結果、現役進学率は下がりがちになるが、「難関へ行かせざるを得ない。そういう先輩が数多くいて、周囲からも期待されている。使命です」と松本深志の百瀬康雄校長は話す。

 生徒の希望を実現するため、学校として何ができるのか。その際、壁となるのが情報格差だ。予備校などが多く、受験に熱心な学校が多い首都圏とは、どうしても差が出てしまう。その格差を埋めるため、各校は教育産業の持つ情報を活用している。

 長野高校は昨秋、主に3年生向けに「東京大学研究会」を開いた。3年ほど前から始めた取り組みで、松本深志と同様、他校にも案内を出している。

 他校の教員や生徒、保護者も参加した。駿台予備学校(東京)から講師を招き、受験に向けた勉強方法や、合格者の受験までの成績の推移などについての説明を受けた。

 進路指導主事の提坂高広教諭は「都内の高校なら自然に入る情報で、一種の格差があります。受験者を何百人も抱える予備校のノウハウを提供してもらういい機会です」と話す。

 地方ゆえに情報が少ないことで、難関大学への挑戦を尻込みしてしまう生徒もいる。具体的な話を聞くことで不安が解消され、刺激にもなるという。

 「教員や卒業生の講話も含め、様々な機会を捉えて生徒の気持ちを高めたい。予備校も、利用できるものは利用しています」とある教諭はいう。

« 子ども手当見直し、名称でもめ合意に至らず | トップページ | 君が代斉唱不起立:大阪府教委、17人を戒告 条例施行後初の処分 »

コメント

松本深志のOBです。
深志は「4年制」であると言われ、受験生の半数が浪人します。意識が高いというのか、プライドが高いというのかどちらかは分かりませんが、深志生は予備校のお得意先です。

そして私も浪人中。今年は受かりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子ども手当見直し、名称でもめ合意に至らず | トップページ | 君が代斉唱不起立:大阪府教委、17人を戒告 条例施行後初の処分 »